文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ここから本文です。

更新日:2014年7月22日

園芸療法について

  • 身体的な効果:園芸活動には、身体の動きを総合的に、バランスよくリハビリテーションをする働きがあります。
  • 精神的な効果:園芸を通して責任感を養い、植物を育てる喜びを高め、精神的なストレスも軽減します。
  • 社会的な効果:植物を育てることを通して、社会性を高め、周囲の人々との共感や、コミュニケーションを促進します。

兵庫県では、阪神・淡路大震災や青少年の命に関わる事件の経験や教訓を踏まえ、植物が人々の心身を癒す働きに着目した園芸療法について、公立機関では全国で初となる本格的な指導者養成コースを、平成14年からスタートさせ、園芸療法の普及に努めています。

兵庫県園芸療法士認定制度について

兵庫県では、県独自の専門的人材として、「兵庫県園芸療法士」の養成・認定を行っています。平成14年9月から「園芸療法課程」を開設し、平成15年度から、毎年15名程度「兵庫県園芸療法士」を認定しています。

また、医療・福祉施設等に勤務している社会人に学びの機会を提供し、さらに園芸療法を普及するため、平成24年度に現在の職場に勤務しながら通学により園芸療法を学べるコース(2年)を新設しました。

園芸療法は、何らかの障害、疾患を抱えた人や高齢者など医療・保健・福祉的な関わりを必要とする人のために行われるものであることから、園芸療法士には、植物に関する知識、医療・保健・福祉に関する専門的な知識と技術が必要とされます。

兵庫県園芸療法士の状況について

園芸療法士

平成26年7月時点で152名の方が「兵庫県園芸療法士」の認定を受け、全国の医療や福祉現場において、リハビリテーションや社会福祉職員スタッフと共に活躍しています。

園芸療法定着促進事業について

花壇づくり

兵庫県では、園芸療法の普及と定着を目的として、園芸療法を実施する医療・福祉施設に対する補助制度を平成18年11月から実施しています。

園芸療法にかかる補助制度のご案内

淡路景観園芸学校のホームページをご覧ください〔http://www.awaji.ac.jp/htcp/active/sokusinzigyou/index.html(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

部署名:県立淡路景観園芸学校
電話:0799-82-3131