文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > まちづくり・防災 > 防災 > 災害・事故 > 平成21年台風第9号災害の復旧・復興計画

ここから本文です。

更新日:2009年12月25日

平成21年台風第9号災害の復旧・復興計画

計画策定の趣旨

 平成21年8月の台風第9号は、播磨北西部から但馬南部にかけて記録的な豪雨をもたらし、県内で死者20人、行方不明2人のほか、家屋の全半壊が1100棟以上、床上・床下浸水が約1800棟など甚大な被害が発生するとともに、県下各地の公共土木施設や山林・農地等にも多くの被害が発生しました。
 このため、被災地域の計画的かつ効率的な復旧・復興を推進するため、河川・道路・山林・農地等に関する総合的な「復旧・復興計画」を策定しました。

計画の概要

「平成21年台風第9号災害の復旧・復興計画」の本編は、「復旧・復興の方針と対策」のほか、「被災の原因と状況」、「応急復旧等の取り組み」など、全体で56ページ、8章で構成しています。


「復旧・復興の方針と対策」

1 基本方針

 台風第9号災害の経験から得られた教訓を踏まえた再度災害の防止のための総合的な復旧・復興の方針。

2 重点地区での取り組み

 特に大きな被害を受けた佐用川をはじめとした千種川水系、福知地区、神子畑・田路・立野地区における具体の復旧・復興対策と工程。

3 土砂・流木被害の防止対策と災害に強い森づくり

 砂防・治山の緊急整備や災害に強い森づくりの一層の推進など、山地に起因する再度災害の防止に向けた総合的な土砂・流木対策。

4 営農再開に向けた取り組み

 農地等の被害が大きかった地区での営農再開に向けての支援(ソフト対策)に関する取り組み。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局技術企画課(災害復興室 連携・調整担当)
電話:078-341-7711 内線4573
FAX:078-362-4433