ホーム > しごと・産業 > 工業 > 技術支援・振興 > 但馬産業大賞について

ここから本文です。

更新日:2016年12月14日

但馬産業大賞について

平成28年度但馬産業大賞の募集について

産業大賞ロゴ

但馬県民局では、但馬知己の企業・団体及び技術水準向上と人材の育成を図るため、平成19年度から「但馬産業大賞」として、但馬地域において優れた技術やサービスで活躍し、地域の発展、経済の活性化に大きく貢献された事業者等を顕彰しています。

本年度の募集内容は以下のとおりです。

【募集期間】

平成28年12月5日(月曜日)から平成29年1月5日(木曜日)まで(当日消印有効)

【表彰の対象部門】

1.キラリと世界へ輝く技術部門

高度な技術的課題を克服し、画期的な製品・部品や生産技術の開発・実用化を実現したものづくり関係の企業、団体、グループ、個人

2.自然と共生する環境創造事業部門

画期的な手法、技術により、環境への負荷を低減したり、資源の再利用による環境創造性を実現した企業、団体、グループ、個人

3.観光・交流資源を活かしたツーリズム部門

新しい視点で但馬地域の歴史風土環境に育まれた豊かな地域資源を有効に活用し、但馬地域内外からの交流人口の増加に意欲的に取り組んでいる観光関係の企業、団体、グループ、個人

4.新分野へチャレンジする経営各新部門

農商工連携や異業種参入など、新たな経営課題にチャレンジし、新商品開発や新技術を活用した斬新な取組を行っている企業、団体、グループ、個人

上記4分野において、原則として平成28年1月1日から平成28年12月31日までの間に、優れた成果を収めた、または高く評価された技術・事業・事案

【受験者に必要な資格】

1.但馬地域内に事業所のある企業、団体、グループ(企業内等)又は但馬地域内に居住する個人

2.原則として、同種の功績により既に国・県から表彰を受けた方は受賞の対象外となります。

3.禁固以上の刑歴を有する方は受賞対象から除外します。表彰後に刑に処された場合には受賞の取消をさせていただきます。

【応募方法・手続】

応募は候補者個人が行うのではなく、候補者を推薦する方が応募してください(自薦不可)。

下の応募要領をご一読いただき、推薦書類に必要事項を記入の上、但馬県民局地域政策室地域づくり課まで送付してください。

【受賞者の発表・表彰式】

募集期間内に応募のあった事業者等の中から、審査委員会が受賞者を選考します。受賞者、受賞内容の発表及び表彰式は平成29年3月を予定しています。

・平成28年度但馬産業大賞募集チラシ(PDF:546KB)

・平成28年度但馬産業大賞応募要領(ワード:96KB)

過去の受賞者、受賞内容については、以下の項目をご覧ください。

平成27年度但馬産業大賞受賞者

但馬地域には、高い技術力を有する製造業、豊岡かばんなどの地場産業に加え、豊かな自然環境と豊富な観光資源を生かした多くの産業が存在します。
本年度も関係団体からご推薦をいただいた事業者について、但馬産業大賞審査委員会(委員長:県立但馬技術大学校長、他委員6名)において、以下のとおり受賞者を選定し、平成28年3月18日(金曜日)にHOTELKOSHO(豊岡市)において、表彰式を執り行いました。
受賞者の功績・概要等をまとめたパンフレットを作成しておりますのでページ下の「関連資料」をご覧下さい。
但馬には素晴らしい企業等がまだまだたくさんあります。今後も但馬の企業は要チェックです!!

santaiP3


(1)キラリと世界へ輝く技術部門
・新生化学工業株式会社豊岡事業部(外部サイトへリンク)
・此の友酒造株式会社(外部サイトへリンク)
(2)自然と共生する環境創造事業部門
・コウノトリ育むお米生産部会
(3)観光・交流資源を活かしたツーリズム部門
・株式会社湯村温泉愛宕山観光(外部サイトへリンク)
・株式会社MotherEarth(外部サイトへリンク)
(4)新分野へチャレンジする経営革新部門
・八鹿鉄工株式会社(外部サイトへリンク)
これまでの但馬産業大賞受賞者は一覧のとおりです。
受賞者の概要・功績等については、ページ下の「関連資料」に添付のパンフレットをご覧ください。

但馬産業大賞受賞者一覧但馬産業大賞受賞者一覧

 

キラリと世界へ輝く技術部門

自然と共生する環境創造事業部門

観光・交流資源を活かしたツーリズム部門

新分野へチャレンジする経営革新部門

平成19年度

・株式会社ビトーアールアンドディー(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・マルヨ食品株式会社(香美町)(外部サイトへリンク)

・中田工芸株式会社(豊岡市)(外部サイトへリンク)

有限会社夢大地(豊岡市)

但東町花卉球根園芸組合(豊岡市)

・農家民宿「八平だるま」能勢勇(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・たけの観光協会(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・浜坂観光協会(新温泉町)(外部サイトへリンク)

 

平成20年度

・日本精機宝石工業株式会社(新温泉町)(外部サイトへリンク)

・但馬ティエスケイ株式会社(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・株式会社オーク(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・株式会社トキワ(香美町)(外部サイトへリンク)

・吉田体機工業株式会社養父工場(養父市)(外部サイトへリンク)

・有限会社清美社(新温泉町)(外部サイトへリンク)

・神鍋白炭工房田沼茂之(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・但熊西垣源正(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・但馬高原植物園(香美町)(外部サイトへリンク)

・香住観光協会(香美町)(外部サイトへリンク)

・湯村温泉若女将会ゆむらなでしこ(新温泉町)(外部サイトへリンク)

 

平成21年度

・冨士発條株式会社(朝来市)(外部サイトへリンク)

・株式会社東豊精工(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・香住鶴株式会社(香美町)(外部サイトへリンク)

該当なし

・NPO法人ハチ高原・氷ノ山自然体験村(養父市)(外部サイトへリンク)

・香美町村岡観光協会(香美町)(外部サイトへリンク)

・生活工房香味煙井上利夫(香美町)

 

平成22年度

・美岡工業株式会社(香美町)(外部サイトへリンク)

・株式会社オーシスマップ(養父市)(外部サイトへリンク)

・和田山精機株式会社(朝来市)(外部サイトへリンク)

該当なし

・城崎このさき100年会議(豊岡市)(外部サイトへリンク)

・和佐父集落西ヶ岡棚田保全維持会(香美町)

 

平成23年度

・株式会社タクミナ生産本部総合研究開発センター(朝来市)
(外部サイトへリンク)


・株式会社誠工社(豊岡市)(外部サイトへリンク)

該当なし

該当なし

・株式会社田中屋食品(豊岡市)
(外部サイトへリンク)


・大徳醤油株式会社(養父市)(外部サイトへリンク)

平成24年度

・株式会社多田スミス(朝来市)(外部サイトへリンク)

該当なし

・株式会社げんぶ堂(豊岡市)(外部サイトへリンク)

全但バス株式会社・やぶ市観光協会(養父市)
全但バス株式会社(外部サイトへリンク)
やぶ市観光協会(外部サイトへリンク)

・有限会社マジック(豊岡市)(外部サイトへリンク)【現:(株)絆工房】


・株式会社但馬寿(新温泉町)(外部サイトへリンク)

平成25年度

・東海バネ工業株式会社(外部サイトへリンク)

該当なし

・日和山観光株式会社(外部サイトへリンク)

・明延鉱山ガイドクラブ(外部サイトへリンク)

株式会社コンゴープロダクツ(外部サイトへリンク)

・カタシマ株式会社(外部サイトへリンク)

平成26年度 ・株式会社川嶋建設(外部サイトへリンク)

・有限会社ノザキ
該当なし ・株式会社グリーンウィンド道の駅「但馬のまほろば」(外部サイトへリンク) ・農業生産法人株式会社Teams(外部サイトへリンク)

・株式会社サン・ウォーター(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 地域政策室

電話:0796-26-3674

FAX:0796-23-1476

Eメール:tajimachiiki@pref.hyogo.lg.jp

部署名:但馬県民局地域政策室地域づくり課
電話:0796-26-3686
FAX:0796-23-1476