ホーム > 2010年12月記者発表資料 > 「災害メモリアルKOBE2011『震災-つながる世代;  父の生き方  わたしの生き方』」の開催について

ここから本文です。

「災害メモリアルKOBE2011『震災-つながる世代;  父の生き方  わたしの生き方』」の開催について

2010年12月9日

担当部署名/企画県民部防災企画局防災企画課 外郭団体名等/災害メモリアルKOBE実行委員会(人と防災未来センター)  直通電話/078-262-5067 

「災害メモリアルKOBE」は「次世代の育成」「世代間交流による語り継ぎ」「被災者学の確立」「地域間交流」を通じて、「市民の防災力を高める」ことを目的に、毎年1月にイベントを開催しています。 今年の「災害メモリアル KOBE」では、「震災-つながる世代:父の生き方 わたしの生き方」をテーマに、阪神・淡路大震災を経験した2組の“親子”にそれぞれの生き方を語っていただき、そこから垣間見える世代間のつながりに光を当て、“子は親の生き方から何を感じ、親は子の生き方から何を思うのか”、そして、“世代のつながりを通して受け継がれていく震災の記憶・経験とは、どのようなものか”、を考える場をつくりだします。