ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > (入山者のみなさんへ)狩猟シーズンにおける事故防止について

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

(入山者のみなさんへ)狩猟シーズンにおける事故防止について

 平成28年11月15日~平成29年3月15日までは、狩猟シーズンです。この間、山中では、狩猟者が活動されています。先般、12月11日に兵庫県佐用町内において、狩猟者が銃で撃たれ、死亡するという事故(狩猟者同士の事故)が発生しました。

 つきましては、以下のことに十分注意して、入山するようお願いします。

 

1.入山する際は、できるだけ目立つ服装を心がけましょう。
他人から見えにくい服装や白いタオルなどは身につけないようにしましょう。(シカのしっぽと間違えられる)

2.狩猟者に分かるよう、複数人で話をしながら入山することを心がけましょう。
また、単独での入山の場合は、音の鳴るもの(ラジオ等)を携帯しましょう。なお、においの強いものはクマやイノシシを引き寄せる場合がありますのでご注意ください。

3.土曜、日曜及び祝日は狩猟者が大勢入山しますので、特に注意しましょう。

4.地面に仕掛けられている「わな」は非常に危険なので、わな設置の標識がある場合は近づかないようにしましょう。
 

詳細は、平成28年11月11日記者発表(資料配布)資料をご確認ください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課 鳥獣保護管理班

電話:078-362-9084

FAX:078-362-3069

Eメール:choujutaisaku@pref.hyogo.lg.jp