ホーム > まちづくり・環境 > 設計・工事 > 工事 > 社会基盤整備のストック効果について

ここから本文です。

更新日:2015年7月16日

社会基盤整備のストック効果について

私たちのくらしと経済を支える社会基盤整備のストック効果事例をご紹介します。

1.ストック効果とは

道路や河川、港湾などの社会基盤施設は、アクセス性の向上や物流コストの低減、水害の防止など、経済活動の効率性を高め生産力を拡大させるとともに、商圏の拡大や投資リスクの減少等により民間投資を誘発し、地域活性化につながるストック効果をもたらします。

2.ストック効果事例

  種別 事業名 市町名 効果
道路 北近畿豊岡自動車道(直轄) 養父市
豊岡市
雄大な自然、極上の湯、山海の幸「但馬」が近くなり、観光客が増加
道路 北近畿豊岡自動車道(直轄) 養父市
豊岡市
着々と高速道路が開通、「松葉ガニ」の大阪・東京進出を後押し
道路 山陰近畿自動車道 香美町
新温泉町
高速道路が「交流の芽」を育てる
道路 神戸淡路鳴門自動車道
明石海峡大橋(本四高速)
淡路市
洲本市
南あわじ市
「料金値下げ」でぐっと近づく淡路島
道路 阪神高速北神戸線
神戸山手線(阪神高速)
神戸市 都市高速道路ネットワークがニュータウン開発をリード
道路 阪神高速湾岸線(阪神高速) 神戸市
芦屋市
西宮市
都市高速が陸・海・空を結び、産業集積に貢献
道路 東播磨道 加古川市
三木市
小野市
渋滞が激減し安心・快適な暮らしを実現
道路 播但連絡道路 朝来市 播磨と但馬を結ぶ高速道路が地域振興に大貢献
道路
河川
砂防
区画整理
国道426号豊岡BP
戸牧川
(砂)細見川
駅西高屋正法寺等区画整理
豊岡市 基盤整備で「駅裏」地区が新しい街に
道路 県道有馬山口線BP 神戸市
西宮市
バイパス整備で名湯有馬温泉のアクセス断絶を回避
街路
区画整理
JR山陽本線等連続立体交差
船場川線等
姫路駅周辺土地区画整理
姫路市
たつの市
太子町
姫路駅の鉄道高架で駅周辺が活気あるまちに
街路
区画整理
公園
(都)尼崎宝塚線等
尼崎臨海土地区画整理
尼崎の森中央緑地
尼崎市 森づくりで活気づく尼崎臨海工業地
河川 円山川(直轄)〔H16年災害〕 豊岡市 平成16年災害の緊急治水対策により地域の水害予防力が向上し、商業機能が集積
河川 加古川〔H16年災害〕 西脇市 激甚災害からの復興とともに街なか人口が増加
河川
道路
区画整理
千種川
県道姫路上郡線
竹万区画整理
上郡町 災害復興と基盤整備により新しいまちが形成
道路
河川
洲本川〔H16年災害〕
国道28号洲本BP(直轄)
洲本市 平成16年災害の復興事業と国道バイパスの相乗効果で商業ゾーンが形成
河川 高谷川〔H16年災害〕 丹波市 浸水リスクの低減により商業拠点、地域の医療拠点が形成
河川 佐用川〔H21年災害〕 佐用町 平成21年災害からの復興にあわせ、「川端風景」を活かしたまちおこし
河川 田君川 新温泉町 地域と取組むバイカモ保存で新たな観光資源に
河川
ダム
三原川水系ダム群
排水機場
南あわじ市 ダムがまもる、あわじの野菜
ダム 栗柄ダム 篠山市 水の心配がなくなり、住民生活が充実
砂防 (砂)古城川
(砂)古城下川
朝来市 土砂災害からまちを守り、「天空の城」に沸く竹田のまちの活性化に貢献
下水道 揖保川流域下水道 姫路市
たつの市
太子町
下水道の整備で清流復活~全国的な鮎釣りのメッカに~
港湾 福良港 南あわじ市 津波に備える拠点施設「うずまる」が新たな観光の呼び水に
公園 三木総合防災公園 三木市 県下全域の防災拠点、平時はスポーツのメッカに

社会基盤整備のストック効果事例(PDF:9,739KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局技術企画課

電話:078-362-9247

FAX:078-362-4433

Eメール:kendo_gijyutsu@pref.hyogo.lg.jp