文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 暮らし・環境 > 環境 > 大気環境 > ディーゼル自動車等運行規制

ここから本文です。

更新日:2010年2月19日

ディーゼル自動車等運行規制

平成13年6月に改正された「自動車NOx・PM法」では、自動車交通が集中し、これまでの対策のみでは環境基準の達成が困難な地域を「対策地域」(本県では、阪神・播磨の11市2町の地域)と指定し、排出基準に適合しない車両について、この地域内では一定期間経過後は、車検の登録ができなくなる「車種規制」が平成15年10月から施行されています。
車種規制は、法の対策地域外から対策地域へ流入する車両には適用されないため、対策地域外への移転等により、排出基準に適合しない自動車の流入が増えると、環境基準の達成が困難となります。
このため、兵庫県では特に交通量の多い阪神東南部地域での環境基準の早期達成・維持のため、この地域に限定して運行規制を実施しています。

ディーゼル自動車等運行規制パンフレット

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境管理局大気課
電話:078-362-3287
FAX:078-362-3966
Eメール:taikika@pref.hyogo.lg.jp