文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 暮らし・環境 > 健康・福祉 > 高齢者 > 介護保険居宅サービス事業所などについて

ここから本文です。

更新日:2016年8月3日

介護保険居宅サービス事業所などについて

介護保険居宅サービス事業所等の指定及び報酬について

介護保険居宅サービス事業所等の手引き等

H27年度報酬改定以降の居宅サービス事業所等の手引き

重点事項説明書及び契約書のガイドライン

事故発生時の報告関係

介護保険居宅サービス事業者へのお知らせ

(今後、情報を順次追加していきます。)

介護保険居宅サービス事業者へのお知らせ

介護保険居宅サービス事業所等一覧

サービスの種類

要介護1~5の人

要支援1・2の人

(介護予防)訪問介護 ホームヘルパーが自宅を訪問し、食事・入浴・排せつ等の介護や、調理・洗濯・掃除等の援助を行います。 利用者が自力では困難な行為について、同居家族や地域の支援等が受けられない場合に、ホームヘルパーによるサービスが提供されます。

(介護予防)

訪問入浴介護

浴槽を積んだ入浴車で自宅を訪問し、入浴の介護を行います。 自宅に浴室がなく、また、感染症などの理由から施設等の浴室利用が困難な場合などに限定して、訪問による入浴介護が提供されます。
(介護予防)訪問看護 看護師などが自宅を訪問して、療養上の世話や診療の補助を行います。 基礎疾患等を抱えている人について、看護師などが居宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助を行います。

(介護予防)

訪問リハビリテーション

理学療法士や作業療法士などが自宅を訪問して、心身の機能維持・回復に必要なリハビリテーションを行います。 居宅でできる生活行為を向上させる訓練が必要な場合に、理学療法士や作業療法士などが自宅を訪問して、短期集中的なリハビリテーションを行います。

(介護予防)

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問し、療養上の管理や指導を行います。 基礎疾患等を抱えている人について、医師、歯科医師、薬剤師、看護師などが自宅を訪問し、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行います。
(介護予防)通所介護 デイサービスセンターで、食事・入浴・機能訓練などが日帰りで受けられます。 デイサービスセンターで、日常生活上の支援などを行う共通的なサービスと、利用者の選択に基づき、運動器の機能向上・栄養改善・口腔機能の向上等のサービスが日帰りで受けられます。

(介護予防)

通所リハビリテーション

介護老人保健施設や病院等で、心身の機能維持・回復に必要なリハビリテーションが日帰りで受けられます。 介護老人保健施設や病院等で、日常生活上の支援やリハビリテーションなどの共通的なサービスと、利用者の選択に基づき、運動器の機能向上・栄養改善・口腔機能の向上のサービスが日帰りで受けられます。

(介護予防)

短期入所生活介護

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)等に短期間入所し、食事・入浴・排せつ等の日常生活上の世話や、機能訓練などが受けられます。 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)等に短期間入所し、介護予防を目的とした、食事・入浴・排せつ等の日常生活上の支援や、機能訓練などが受けられます。

(介護予防)

短期入所療養介護

介護老人保健施設や介護療養型医療施設等に短期間入所・入院し、看護・医学的管理下での介護・機能訓練等の必要な医療や日常生活上の世話が受けられます。 介護老人保健施設や介護療養型医療施設等に短期間入所・入院し、介護予防を目的とした、看護・医学的管理下での介護・機能訓練等の必要な医療や日常生活上の支援が受けられます。

(介護予防)

福祉用具貸与

日常生活の自立を助けるための福祉用具が借りられます。

福祉用具のうち介護予防に効果のあるものが借りられます。

特定(介護予防)

福祉用具販売

福祉用具のうち、貸与になじまない入浴や排せつに使用する用具の購入費が同一年度で10万円を上限に支給されます。 介護予防に効果のある入浴や排せつに使用する用具の購入費が同一年度で10万円を上限に支給されます。

居宅介護(介護予防)

支援事業所

利用者の状態把握・課題分析を行い、サービス担当者会議等を経て、ケアプランを作成するとともに、ケアプランに基づくサービスの提供が行われるよう連絡調整等を行う。 利用者の状態把握・課題分析を行い、生活行為の自立についてどのような支援が必要かサービス担当者会議等を経て、ケアプランを作成するとともに、ケアプランに基づくサービスの提供が行われるよう連絡調整等を行う。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部高齢社会局介護保険課介護基盤整備班

電話:078-341-7711(内線2945,2733)

FAX:078-362-9470

Eメール:kaigohoken@pref.hyogo.lg.jp