文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 暮らし・環境 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > (東播磨地域)生活習慣病と脳卒中地域連携クリティカルパスについて

ここから本文です。

更新日:2009年6月26日

(東播磨地域)生活習慣病と脳卒中地域連携クリティカルパスについて

■ 生活習慣病について

 近年日本では中高年男性を中心として肥満の方が増加しています。肥満症に糖尿病、高血圧症、高脂血症などの危険因子が加わると、脳血管疾患(脳卒中)、虚血性心疾患(急性心筋梗塞、狭心症)や糖尿病の重篤な合併症(腎不全、失明など)に進展する可能性が高いとされています。これらは不適切な食生活(エネルギー・食塩・脂肪の過剰摂取等)、運動不足、喫煙などの生活習慣が原因で起きることがあるため、このような状態を、がんを含めて生活習慣病と呼びます。

 生活習慣病とその予備群の人では、皮下脂肪ではなく内臓脂肪が増加していることから、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)と言う病名が出てきました。この症候群に着目した特定健診・特定保健指導が平成20年4月1日より始まっています。この健診の目指すものは脳血管疾患、虚血性心疾患、糖尿病合併症の予防と医療費の適正化です。


 [関連資料1:生活習慣病とは]

■ 脳・心臓疾患に至る経過

 例えば関連資料2のA氏、B氏の場合は30歳代から肥満症があったのですが、さらに高脂血症(高中性脂肪など)、高血圧症、高血糖などが加わるに従って、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)となり、最終的には脳梗塞(脳卒中のひとつ)や心筋梗塞を発症してしまいました。
 従って脳卒中、虚血性心疾患、重症の糖尿病合併症(失明、腎不全による透析など)を予防するには、食生活の改善、適度な運動習慣、禁煙など健全な生活習慣を持つように心がける必要があるのです(ただしメタボリックシンドロームではない人でも、これらの疾患が発症することがあります)。平成20年4月1日より始まった特定健診・特定保健指導の大きな目的のひとつが、このメタボリックシンドロームを予防することにあります。つまり従来の医療は、発症してからの治療に重点が置かれていたとすると、今後は上記のような疾病が「起きてから治療」から「起きる前に予防」が重視される、ということになります。

 [関連資料2:脳・心臓疾患に至る経過]

■ 脳卒中の場合の医療連携イメージ

 しかし万が一、不幸にも脳卒中を発症してしまった場合には、どうすればよいのでしょう?

 平成20年4月より開始された医療制度改革では、地域医療の分化と連携による“切れ目の無い医療”の提供が謳われています。つまり、発症直後は急性期の医療機能を持つ専門病院で治療を受け、回復期になると回復期リハビリテーション機能を持つ医療施設でリハビリに励み、それが終われば最終的には退院して、在宅ないしケアハウス、有料老人ホームなどで引き続き療養する、と決められました。つまり患者さんの病期(病気あるいは病状の各時期)により、その時期に最も適切な医療機能を持つ病院・施設で切れ目の無い医療を受けられるようにするための医療制度改革であり、その道具(治療計画書、ロードマップ)に当たるものが、地域連携クリティカルパスです。

 

 関連資料3の図は地域医療連携体制のイメージを表しています。この図を見ていただくと地域医療連携体制が提供しようとしている医療の内容と、その中での“かかりつけ医”の持つ重要性もお分かりいただけると思います。

 [関連資料3:脳卒中の場合の医療連携のイメージ]

■ 医療連携の取組

  関連資料4で実際に使用されている地域連携クリティカルパスを示しています。図は青森県での脳血管疾患(脳卒中)に対する医療連携の取組と地域連携(クリティカル)パスです。下北圏域における急性期、回復期および維持期の病院ないし診療所や施設が、医療機能により決まっており、また地域連携クリティカルパスを見ると、一目で自分の治療計画(治療やリハビリの予定)がわかります。 

  兵庫県においても、各圏域における脳卒中治療の各医療機能を持つ病院名を兵庫県保健医療計画にて明らかにしております。

  さらに東播磨圏域(明石市、加古川市、高砂市、加古郡稲美町、播磨町〈および神戸市の一部〉)でも、青森県などと同様に患者さんがその時必要な医療に応じて急性期から回復期に転院し、さらに退院後は早期に社会復帰が出来るように、急性期病院、回復期病院そして退院後の維持期を担当する病院・医院が集まって、東播磨脳卒中地域医療連携協議会を開催し、各病院や医療施設が共用できる地域連携クリティカルパスを作成して運営しています。


  [関連資料4:医療連携の取組]

  [関連リンク1:兵庫県保健医療計画]

  [関連リンク2:東播磨脳卒中地域医療連携協議会]


 なお、文中の図は、すべて厚生労働省のホームページより改編しました。

 厚生労働省ホームページをご覧になる方は、下記の関連リンクをクリックしてください。


 [関連リンク3:厚生労働省ホームページ1(P24:関連資料1、P26:関連資料2)]

 [関連リンク4:厚生労働省ホームページ2(P30:関連資料3、P31:関連資料4)]


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局県明石健康福祉事務所
電話:078-917-1127
FAX:078-917-1138