ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療人材 > 兵庫県立病院医師修学資金貸与者の募集について

ここから本文です。

更新日:2017年2月17日

兵庫県立病院医師修学資金貸与者の募集について

兵庫県立病院(以下「県立病院」という。)では、県立病院での麻酔科、小児科、産婦人科、放射線科、救急、病理、循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科、神経内科で勤務する医師や、県立淡路医療センター、県立柏原病院等で勤務する医師の確保を図るため、次のとおり平成29年度の修学資金の貸与者を追加募集します。

なお、募集枠には、指定診療科枠と指定病院枠の2種類があります。

指定診療科枠募集(10名以内)

募集人員・申請資格

【募集人員】 10名以内(大学医学部課程1年生から6年生)

【申請資格】 以下の要件を備えている方
(1)平成29年度大学医学部入学予定者及び現在医学部に在学している者。(学校教育法に規定する大学で、自治医科大学を除く。)
(2)2年間の臨床研修を修了後、直ちに県立病院の麻酔科、小児科、産婦人科、放射線科、救急、病理、循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科、神経内科のいずれかを専攻する医師として勤務する意思を有していること。

(3)地方公務員法第16条各号に該当しないこと。

修学資金貸与額・期間・返還免除等

【修学資金貸与額】
1~4年生:月額125,000円

5~6年生:月額175,000円

【貸与期間】
正規の修学年限内(6年以内)

【修学資金返還免除】

貸与学生は大学を卒業し、2年間の臨床研修修了後、県指定の県立病院の医師(麻酔科、小児科、産婦人科、放射線科、救急、病理、循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科、神経内科)として、貸与相当期間(貸与期間が3年未満の場合は3年)勤務した場合は修学資金の返還を免除する。

【返還利息】
修学資金の辞退等により貸与決定が取り消された場合、医師免許の取得後直ちに指定する県立病院において貸与相当期間勤務しない場合には、貸付金額に返還利息年10パーセントを付した額を返還しなくてはならない。

【申請期間】
平成29年2月17日(金曜日)~平成29年4月14日(金曜日)〔必着〕
締切(郵送の場合も)
:平成29年4月14日(金曜日)〔必着〕

【選考試験】
平成29年4月下旬頃に面接による選考を実施します。選考試験の時間・場所については別途申請者あて連絡します。

【その他】
申請方法、その他詳細につきましては、添付の募集要項貸与規程等をよくご覧ください。

指定病院枠募集(5名以内)

募集人員・申請資格

【募集人員】 5名以内(大学医学部課程1年生から6年生)

【申請資格】 以下の要件を備えている方
(1)平成29年度大学医学部入学予定者及び現在医学部に在学している者。(学校教育法に規定する大学で、自治医科大学を除く。)
(2)2年間の臨床研修を修了後、直ちに医師として指定県立病院に勤務する意思を有していること。
(3)地方公務員法第16条各号に該当しないこと。

修学資金貸与額・期間・返還免除等

【修学資金貸与額】
1~4年生:月額125,000円

5~6年生:月額175,000円

【貸与期間】
正規の修学年限内(6年以内)

【修学資金返還免除】
貸与学生は、大学を卒業し、2年間の臨床研修修了後、指定県立病院の医師として貸与相当期間(貸与期間が4年未満の場合は4年)勤務した場合は修学資金の返還を免除する。

【返還利息】
修学資金の辞退等により貸与決定が取り消された場合、医師免許の取得後直ちに指定する県立病院において貸与相当期間勤務しない場合には、貸付金額に返還利息年10パーセントを付した額を返還しなくてはならない。

【申請期間】
平成29年2月17日(金曜日)~平成29年4月14日(金曜日)〔必着〕
締切(郵送の場合も):平成29年4月14日(金曜日)〔必着〕

【選考試験】
平成29年4月下旬頃に面接による選考を実施します。選考試験の時間・場所については別途申請者あて連絡します。

【その他】
申請方法、その他詳細につきましては、添付の募集要項貸与規程等をよくご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:病院局 管理課

電話:078-362-3296

FAX:078-362-3322

Eメール:byouinkanrika@pref.hyogo.lg.jp