文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 交流・地域 > 県民交流 > ふれあいの祭典 > ふれあいの祭典 コウノトリ翔る但馬まるごと感動市 開催結果概要

ここから本文です。

更新日:2012年3月16日

ふれあいの祭典 コウノトリ翔る但馬まるごと感動市 開催結果概要

開催結果

ふれあい大合唱

ふれあい大合唱

21年度の「ふれあいの祭典」は、野生復帰や山陰海岸ジオパークの認定に取り組むなど新たな地域づくりが展開されている但馬地域の県立但馬ドームで開催しました。今回は、「ひとづくり」「きずなづくり」「名物づくり」を合い言葉に、各分野の専門家や匠などに指南を受けた若者たちがその成果を披露した「ふれあい塾」を中心とし、但馬地域の魅力を発信するとともに、地域と地域、世代と世代をつなぐ多様な取り組みを展開しました

 
○とき
 平成21年11月14日(土曜日)・15日(日曜日) 

 ○ところ

 県立但馬ドーム及びその周辺(豊岡市日高町名色)

○テーマ
  みんなが主役・但馬でつくる「ふれあい感動たから箱」 
○主催
 但馬まるごと感動市実行委員会
○来場者数
 11万3千人 

今回の特色

ひょうご野菜カレッジ

ひょうご野菜カレッジ

○「ふれあい塾」の開講
各分野の専門家や匠などが、自らの生き甲斐も兼ねて若者を指南する「ふれあい塾」を年間を通じて開講し、指南を受けてきた高校生や大学生などが、祭典当日にその成果を様々な場面で披露しました。
○震災15周年特別企画
阪神・淡路大震災や台風9号の水害などの教訓を踏まえた多様な取り組みを、企業や地域づくり活動団体などとの協働により紹介しました。
○環境に配慮した新たな取り組み
ボーイスカウト、ガールスカウトが、ヴィッセル神戸のマスコットと一緒に「カーボン・オフセット」の募金活動に取り組みました。

○企業との協働の取り組み
「ふれあい塾」にかかる様々な企業の支援・協力のほか、今回は新たに西鉄旅行(株)神戸支店が、祭典を通じて兵庫の魅力を伝える「ふれあい交流バス」を運行し、都市と農山村をつなぐ取り組みを実施しました。
また、神戸松蔭女子学院大学と但馬絹織物協働組合による但馬ちりめんを使った新製品の共同開発がスタートしました。

きらり躍動体感(ステージイベント)

ファッションショー

ファッションショー

○ステージイベント
・オープニングセレモニー(14日)
魅せます!ひょうごファッションショー、地域交流よさこい乱舞、560万県民ふれあい大合唱 など
・全県ふれあいステージ(14日)
ふれあいジャズコンサート、フォークデュオ紙ふうせん「団塊世代応援コンサート」、ひょうごの踊り、ふれあい宣言 など
・但馬まるごとステージ(15日)
郷土の伝統芸能、ご当地ヒーローショー、大ビンゴゲーム大会 など
○屋外ステージイベント(14日・15日)
兵庫よさこい元気祭り、環境エコステージ、ギターコンサート など
 
 

ぶらり感動体験(出展(店)イベント)

かにの即売

かにの即売

○但馬の魅力自慢
・但馬自慢!食と物産のコーナー
松葉ガニ、コウノトリ育む米、但馬の新鮮野菜、豊岡鞄 など
・但馬の味探訪
但馬牛の丸焼き、但馬ふるさと料理 など
・地域PRコーナー
コウノトリの野生復帰の取り組み紹介、山陰海岸ジオパークのPR など
・但馬体験教室
伝統工芸品麦わら細工体験、但馬木工彫刻体験、湯村温泉足湯体験
○全県の魅力自慢
・ひょうごふれあいコーナー
ひょうごベジフルカフェ、ひょうごうまいもん市「ご当地グルメサミット」、全県の特産品 など
○震災15周年特別企画
泥水を真水に!プロジェクト、災害時に役立つ簡単レシピ、防災楽習迷路 など
○県政PRコーナー
地域安全コーナー、ストップ・ザ・交通事故コーナー、県民交流広場コーナー など
○同時開催イベント
ひょうご健康福祉まつり、ひょうごエコフェスティバル、兵庫県高等学校工業教育フェア

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部 県民生活課

電話:078-362-3992

FAX:078-362-3935